大阪京橋にある居酒屋です。宴会も任して下さい!日本酒(地酒)、焼酎、海鮮、鍋料理、安くてボリュームたっぷりです!


by kyoubasiajiann

純米至上主義

って、タイトルですがそんなつもりはありません。

たまに言われます。

「店主さんって純米しかだめなんですか?」

そんなことないですよ。

アル添でも大丈夫です。

吟醸や本醸造もいけます。

ただ基本、飲まないです。一応店には宴会用や酒やったら何でもいいという方用に菊正宗は置いてますけど。

日本酒に興味のない方は知らないかもしれないですが、純米派とアルコール添加OK派の2派にわかれるんですよね。

難しい話はやめますが、吟醸や大吟醸、本醸造といった酒にはある程度のアルコールが添加されてます。

これは香りや味の酒質の保存というか、造り手の目指した酒質に近づけるという意味合いでの添加が主です。

別にそれは否定しません。

本当にそれでうまい酒がありますからね。

だが、それをしないでもうまい酒はあるんじゃないか?加工品ではないんだからその年である程度味が変ってもいいんじゃないか?と思う方は純米派になると思います。

正直、昔痛い目をあったことがあります。

夏場に体調が悪い時に、たらふくアル添酒を飲んで1ヶ月間体調を崩したことがあります。

それは酒のせいではなく、単なる自分の体調だけで悪くなったかもしれません。

でも、それを引き出したのはやはりアル添酒だという思いが自分にはあります。

年をとって、純米酒をどんだけ飲んでも翌日はスキっとします。

頭でっかちでどうこう言うつもりはありません。

あくまでも自分の経験から、純米酒にこだわってます。

純米しか日本酒ではないというつもりはありません。

各蔵元さんが精魂込めて酒を造っています。

どの酒も情熱は一緒です。

ただ、色々ある酒の中、「自分」がチョイスするのが純米なだけです。

この論争は決着はつくことはないでしょう。

ただ、自分が好きなもの、美味しいと思うものを飲んだらいいだけ。

自分の考えと違うからと言って否定するのも違うと思います。

という具合で、うちは純米で行きます。
[PR]
by kyoubasiajiann | 2009-06-14 14:51 | 地酒